[名言・格言集]ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(音楽家、作曲家)

投稿日:

はじめに

当ページは、古今東西のあらゆる偉人たちの名言・格言を集約しております。

真の名言に解説など不要。私個人の意見などなおさらだと思っている。かと言って、一つの言葉だけでは発言者の真意を汲み取るのは難しい。

そこで、紹介する名言の「順番」に私の思いを込めてみた。

発言者の信念、それを実現するための方法論・哲学、過程の努力、その結果で得た誇り、新たな野望、独特な人生観、未来に託す希望・・・

そんなストーリーを想像しながら、人物像を掴み、生きたメッセージとして受け取る。素敵な言葉たちを、よく噛んでよく味わって、心の栄養として蓄える。

ここを、そんな場所にしてまいります。

-音楽家、作曲家-
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

基本プロフィール

生年月日:1756年1月27日
死没:1791年12月5日

ざっくり人物紹介

オーストリアの音楽家。

3-4歳でチェンバロを弾きこなし、5歳のときにすでに作曲を開始。6歳でミュンヘンやウィーンの宮廷での御前演奏を行い「神童」と呼ばれていた。

35年という短い生涯で数多くの名曲を遺し、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人と称される古典派音楽の代表格。

-ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト-
名言・格言集

夢を見るから、人生は輝く。

 

望みを持とう。でも望みは多すぎてはいけない。

 

多くのことをなす近道は、一度にひとつのことだけをすることだ。

 

わたしは何事も最後までやり遂げる人間だ。

 

私達の財産、それは私達の頭の中にある。

 

他人の賞賛や非難など一切気にしない。自分自身の感性に従うのみだ。

 

わたしは貴族ではないが、貴族にもまさる高貴な心をもっている。人間を高めるのは、身分ではなく、心だ。

 

馬車で旅をしているときや食後の散歩中、あるいは眠れない夜。そんな時にアイデアが最も豊富に湧き出てくるのだ。

 

高尚な知性や想像力、あるいはその両方があっても天才の形成に至りはしない。愛、愛、愛。それこそが天才の神髄である。

 

新しい喜びは、新しい苦痛をもたらす。

 

金持ちは友情というものをまったく知らない。とくに生まれたときからの金持ちは。

 

わたしの見解では、未婚の男は人生を半分しか楽しんでいない。


<スポンサーリンク>

-Word

Copyright© ReRelish , 2020 All Rights Reserved.