ドラマ「トレース~科捜研の男」の名言-月曜 夜9時

投稿日:2018-12-04 更新日:

あらすじ/見どころ

科捜研法医研究員で、ブラックな過去を持つ主人公「真野 礼二」を演じるのは伝統の月9枠初主演の錦戸 亮

「鑑定結果こそが真実」

鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じ、主観も立場や気にせず事件の真相を追い続ける。

遺族への感情移入が過ぎる科捜研新人法医研究員「沢口 ノンナ」を演じるのは月9枠2連投の新木 優子

何の目的もなく科捜研の世界に入ったが、暴走する真野礼二に巻き込まれ、手伝わされることに・・・。

真野とは正反対。長年の勘を頼りに捜査するベテラン刑事「虎丸 良平」にはサスペンスの帝王 船越 英一郎さん。

真野たちにきつくあたりながらも、真野の奮闘に心を動かされていく・・・

実際に科捜研研究員だった古賀慶が描いた本格科捜研サスペンスコミック「トレース~科捜研法医研究員の追想~」(著 古賀慶)が原作。ベースは実際に起きた事件や経験。

かつてないリアリティーに期待できる、1話完結型の新サスペンスドラマ。

第1話の名言

長年の勘だけを頼りに捜査を進める、警視庁捜査一課の刑事 虎丸 良平は、「俺の勘だ、間違いねえ」と、犯人を決め付ける。

そんな虎丸に、主人公の科捜研法医研究員 真野 礼二は「それは憶測でしょう、何も証拠はない」と反論するも、「それは科捜研の仕事だろ!」と虎丸は激高。

見つけますよ、勝手な思い込みで真実が闇に葬られないように。

ー 真野 礼二


 

真野の助手の、科捜研新人法医研究員 沢口 ノンナは犯人へ強い怒りを持ち、犯人を絶対に捕まえると誓う。

しかし、「もし大事な何かを見落としてしまったら・・・」と、現場検証の不安を吐露する。

考えうる全てを追求するんだ。

ー 真野 礼二


 

虎丸の指示で沢口は浴室の血液反応を調べるが、全て陰性。お前が何かを見落としたんだと虎丸はノンナを責める。

真野は、関係者の証言を考慮し、玄関の外や廊下を検査すべきだと提案。虎丸はそんな言葉を信じるのかと苛立つ。

俺は誰の言葉も信じない。鑑定結果だけが真実だ。

ー 真野 礼二

真野のスタイルは変わらない。


 

被害者の父は日ごろから嫁と娘(被害者)に暴力を振るっていた。被害者は母を守るために父と直談判し、結果として事件に巻き込まれ命を落とした。

「いつも娘は私を守ってくれ、私は何もできない弱い人間で・・・。美加はかわいそうです。あの子は何のために生まれてきたのか・・・」と悲しむ母。

「お母さんのためだと思います。美加さんはお母さんを地獄から救うために生まれてきたんじゃないでしょうか。」と真野は励ます。

私の価値は私が決める。

ー 五十嵐 美加(被害者)

被害者が暴力父に言い放った、優しくも強いこの言葉が思い返される・・・。

第1話の視聴率

12.3%

<スポンサーリンク>

第2話の名言

どんな真実だったとしても、知らないほうがいい真実なんて無い。

ー 真野 礼二

第2話の視聴率

11.8%

第3話の名言

生きているうちに、大切な人の声を・・・

ー 真野 礼二

両親の仲直りを願っていた子どもの死・・・亡くなってから知った想い・・・。

生きているうちに・・・。

第3話の視聴率

9.6%


<スポンサーリンク>

-Word

Copyright© ReRelish , 2020 All Rights Reserved.