[名言・格言集]徳川 家康(武将、戦国大名)

投稿日:

はじめに

当ページは、古今東西のあらゆる偉人たちの名言・格言を集約しております。

真の名言に解説など不要。私個人の意見などなおさらだと思っている。かと言って、一つの言葉だけでは発言者の真意を汲み取るのは難しい。

そこで、紹介する名言の「順番」に私の思いを込めてみた。

発言者の信念、それを実現するための方法論・哲学、過程の努力、その結果で得た誇り、新たな野望、独特な人生観、未来に託す希望・・・

そんなストーリーを想像しながら、人物像を掴み、生きたメッセージとして受け取る。素敵な言葉たちを、よく噛んでよく味わって、心の栄養として蓄える。

ここを、そんな場所にしてまいります。

-武将、戦国大名-
徳川 家康

基本プロフィール

生年月日:1543年1月31日(ユリウス暦)
死没: 1616年6月1日(グレゴリウス暦)

ざっくり人物紹介

戦国時代―安土桃山時代の武将・戦国大名。

安祥松平家九代当主で、江戸幕府の初代征夷大将軍。織田信長、豊臣秀吉とあわせて三英傑と称される。「海道一の弓取り」の異名も持つ。

-徳川 家康-
名言・格言集

われ志を得ざるとき忍耐この二字を守れり。われ志を得んとするとき大胆不敵この四字を守れり。われ志を得てのち油断大敵この四字を守れり。

 

人生に大切なことは、五文字で言えば「上を見るな」。七文字で言えば「身のほどを知れ」。

 

堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。

 

戦いでは強い者が勝つ。辛抱の強い者が。

 

勝つことばかり知りて、負くること知らざれば、害その身に至る。

 

人は負けることを知りて、人より勝れり。

 

重荷が人をつくるのじゃぞ。身軽足軽では人は出来ぬ。

 

人の一生は、重荷を負うて遠き道をゆくがごとし。急ぐべからず。

 

我がために悪しきことは、ひとのためにも悪しきぞ。

 

願いが正しければ、時至れば必ず成就する。

 

最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える。

 

及ばざるは過ぎたるより勝れり。

 

己を責めて、人を責むるな。

 

滅びる原因は、自らの内にある。

 

平氏を亡ぼす者は平氏なり。鎌倉を亡ぼす者は鎌倉なり。

 

決断は、実のところそんなに難しいことではない。難しいのはその前の熟慮である。

 

いくら考えても、どうにもならぬときは、四つ辻へ立って、杖の倒れたほうへ歩む。

 

不自由を、常と思えば、不足なし。心に望み起こらば、困窮したるときを思い出すべし。

 

天下は天下の人の天下にして、我一人の天下と思うべからず。

 

大事を成し遂げようとするには本筋以外のことはすべて荒立てず、なるべく穏便にすますようにせよ。

 

家臣を率いる要点は惚れられることよ。これを別の言葉で心服とも言うが、大将は家臣から心服されねばならないのだ。

 

いさめてくれる部下は、一番槍をする勇士より値打ちがある。

 

愚かなことを言う者があっても、最後まで聴いてやらねばならない。でなければ、聴くに値することを言う者までもが、発言をしなくなる。

 

多勢は勢ひをたのみ、少数は一つの心に働く。

 

大将というものはな、家臣から敬われているようで、たえず落ち度を探されており、恐れられているようで侮られ、親しまれているようで疎んじられ、好かれているようで憎まれているものよ。

 

人を知らんと欲せば、我が心の正直を基として、人の心底を能く察すべし。言と形とに迷ふべからず。

 

道理において勝たせたいと思う方に勝たすがよし。

 

真らしき嘘はつくとも、嘘らしき真を語るべからず。

 

世におそろしいのは、勇者ではなく、臆病者だ。

 

人間は、健康でありすぎたり、得意すぎたりする時にも警戒を要するのだが、疲れたおりの消極性もまた厳に戒めなければならない。

 

得意絶頂のときこそ隙ができることを知れ。


<スポンサーリンク>

-Word

Copyright© ReRelish , 2020 All Rights Reserved.