[名言・格言集] アーサー・C・クラーク(SF作家)

投稿日:2018-10-22 更新日:

はじめに

当ページは、古今東西のあらゆる偉人たちの名言・格言を集約しております。

真の名言に解説など不要。私個人の意見などなおさらだと思っている。かと言って、一つの言葉だけでは発言者の真意を汲み取るのは難しい。

そこで、紹介する名言の「順番」に私の思いを込めてみた。

発言者の信念、それを実現するための方法論・哲学、過程の努力、その結果で得た誇り、新たな野望、独特な人生観、未来に託す希望・・・

そんなストーリーを想像しながら、人物像を掴み、生きたメッセージとして受け取る。素敵な言葉たちを、よく噛んでよく味わって、心の栄養として蓄える。

ここを、そんな場所にしてまいります。

-SF作家-
アーサー・C・クラーク

基本プロフィール

生年月日:1917年12月16日
死没:2008年3月19日(90歳没)

ざっくり人物紹介

アイザック・アシモフ」、「ロバート・A・ハインライン」と合わせて三大SF作家 (The Big Three) と呼ばれる。

スタンリー・キューブリック監督との共作『2001年宇宙の旅』はSF映画の最高傑作として全世界から評価を受けている。SF映画としては唯一、日本の旧文部省が「特選」に指定した。

-アーサー・C・クラーク-
名言・格言集

 

クラークの三法則.1
高名で年配の科学者が可能であると言った場合、その主張はほぼ間違いない。また不可能であると言った場合には、その主張はまず間違っている。


 

クラークの三法則.2
可能性の限界を測る唯一の方法は、不可能であるとされることまでやってみることである。


 

クラークの三法則.3
十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。


 

二つの可能性がある。宇宙にいるのは私たちだけか、そうでないか。どちらも同じくらいゾッとする。


 

人類の一番の悲劇は、道徳が宗教にハイジャックされたことだ。


 

人が一番恐れるものは?自分が理解できぬものだ。


 

時のあけぼの以来、およそ一千億の人間が地球上に足跡を印した。銀河系の星の数もまた一千億。地上に生をうけた人間ひとりあたりに一個ずつ、この宇宙では星が輝いているのである。



<スポンサーリンク>


名言集へ戻る→

-未分類

Copyright© ReRelish , 2020 All Rights Reserved.