[名言・格言集]シャルル・ド・モンテスキュー(哲学者)

投稿日:

はじめに

当ページは、古今東西のあらゆる偉人たちの名言・格言を集約しております。

真の名言に解説など不要。私個人の意見などなおさらだと思っている。かと言って、一つの言葉だけでは発言者の真意を汲み取るのは難しい。

そこで、紹介する名言の「順番」に私の思いを込めてみた。

発言者の信念、それを実現するための方法論・哲学、過程の努力、その結果で得た誇り、新たな野望、独特な人生観、未来に託す希望・・・

そんなストーリーを想像しながら、人物像を掴み、生きたメッセージとして受け取る。素敵な言葉たちを、よく噛んでよく味わって、心の栄養として蓄える。

ここを、そんな場所にしてまいります。

-哲学者-
シャルル・ド・モンテスキュー

基本プロフィール

生年月日:1689年1月18日
死没:1755年2月10日

ざっくり人物紹介

フランスの哲学者。

20年かけた執筆したと言われている『法の精神』は世界的に有名。絶対王政を批判し、政治権力を立法・行政・司法に三分割する「三権分立論」(「権力分立論」)を提唱。三権分立の思想の基礎を作った。「社会学」の父とも言われている。

以前はフランスの200フラン紙幣にも描かれていた。

-シャルル・ド・モンテスキュー-
名言・格言集

法とは、事物の本性に由来する必然的な関係である。

 

制度を作るのは共和国の統領だが、のちには、その制度が共和国の統領をつくる。

 

法の盾と正義の名を借りて行われることよりも残虐なものはない。

 

国家の発展度は、人口の多さではなく、人民の自由度によって示される。

 

自由とは、法が認めるすべてのことを行う権利である。

 

人間は平等のもとに生まれるが、そこにとどまることはできないだろう。

 

強い人間は、自らの運命を嘆かない。

 

偉大なことを成し遂げる人は、つねに大胆な冒険者である。

 

真に知的な人は、他の人が知識として有しているだけのことを、身体で感得している。

 

一時間の読書をもってしても和らげることのできない悩みの種に、私はお目にかかったことがない。

 

人生で成功するためには、馬鹿のように見えてその実利口でなければならない。

 

少しをするために多く学んでおかねばならぬ。

 

直観で掴んだものから、哲学は始らねばならない。

 

我々は、三つの教育を受ける。両親から、校長から、社会から。前の二つは、後の一つと矛盾する。

 

孤独は、優れた精神の持ち主の運命である。

 

愚か者は、まじめさを盾にする。

 

平凡な語で、非凡な事を言うのが、非凡である。

 

雄弁家はその深遠さにおいて足りないところを話の長さで補う。

 

虚栄心は人を饒舌にさせ、自尊心は人を沈黙させる。

 

人間は考えることが少なければ少ないほど、よけいに喋る。

 

友情とは、誰かに小さな親切をしてやり、お返しに大きな親切を期待する契約である。

 

恋愛は仕事のない人々の仕事である。

 

離婚は進んだ文明にとって必要である。

 

商業の歴史は、人びとの交流の歴史である。

 

すべての幸福は消極的なものだが、すべての苦労は積極的なものである。

 

我々が幸福になりたいと望むだけなら簡単だ。しかし、人は他人になりたがるので、そうなるには困難だ。我々は他人はみんな実際以上に幸福だと思っているからだ。

 

幸福を数えたら、すぐ幸福になれる。

 

才能とは、神からひそかに与えられ、しかも、我々がそれとは知らずに明るみに出す、授かり物である。

 

自分で実行できることは、決して他人の手を煩わすな。

 

真に偉大な人間になるためには、人々の上に立つのではなく、彼らと共に立たなければならない。

 

多くの場合、成功は成功するまでの所要時間を知っているか否かにかかっている。

 

宗教を愛し、それを守っていくには、それを守らぬ者を憎んだり、迫害したりする必要はない。

 

私には著書を作る病癖があり、しかも著書を作った後にはこれを恥じる病癖がある。

 

人間は死を嘆くのではなく、誕生を嘆くべきだろう。


<スポンサーリンク>

-未分類

Copyright© ReRelish , 2020 All Rights Reserved.