[名言・格言集]一休 宗純(禅僧)

投稿日:

はじめに

当ページは、古今東西のあらゆる偉人たちの名言・格言を集約しております。

真の名言に解説など不要。私個人の意見などなおさらだと思っている。かと言って、一つの言葉だけでは発言者の真意を汲み取るのは難しい。

そこで、紹介する名言の「順番」に私の思いを込めてみた。

発言者の信念、それを実現するための方法論・哲学、過程の努力、その結果で得た誇り、新たな野望、独特な人生観、未来に託す希望・・・

そんなストーリーを想像しながら、人物像を掴み、生きたメッセージとして受け取る。素敵な言葉たちを、よく噛んでよく味わって、心の栄養として蓄える。

ここを、そんな場所にしてまいります。

-禅僧-
一休 宗純

基本プロフィール

生年月日:1394年2月1日
死没:1481年12月12日

ざっくり人物紹介

室町時代の臨済宗大徳寺派の僧で、詩人。
頓智咄(とんちばなし)で有名。

 

-一休 宗純-
名言・格言集

生まれては、死ぬるなり。釈迦も達磨も、猫も杓子も。

 

夫れ人間あり様 万事とどまる事なし もとより生のはじめを知らざれば 死の終をわきまへず

 

世の中は起きて箱して(糞して)寝て食って後は死ぬを待つばかりなり

 

有露地より無露地へかえる一休み 風吹けば吹け 雨降らば降れ

 

花は桜木、人は武士、柱は桧、魚は鯛、小袖 はもみじ、花はみよしの

 

自分の人生は、自分一代のもの

 

渇しては水を夢み、寒ずれば衣を夢み、閨房を夢みる、すなわち、余の性なり。

 

正月は、冥土の旅の一里塚。めでたくもあり、めでたくもなし。

 

たとえば人の父母は火うちの如し。かねは父、石は母、火は子なり。

 

世の中に我れぞ悟ると自慢して 名利求むる人の多さよ

 

袈裟が有り難く見えるのは、在家の他力本願。

 

釈迦といふ いたづらものが世にいでて おほくの人をまよはすかな

 

南無釈迦じゃ 娑婆じゃ地獄じゃ 苦じゃ楽じゃ どうじゃこうじゃと いうが愚かじゃ

 

自心すなわち仏たることを悟れば、阿弥陀願うに及ばず。自心の外に浄土なし。

 

この世にて慈悲も悪事もせぬ人は、さぞや閻魔も困りたまはん

 

詩を作るより、田を作れ。

 

秋風一夜百千年

 

女をば 法の御蔵と 云うぞ実に 釈迦も達磨も ひょいひょいと生む

 

大丈夫。心配するな。なんとかなる。(諸説あり)


<スポンサーリンク>

-Word

Copyright© ReRelish , 2020 All Rights Reserved.