[素人三面コラム] 冬の暖かさ 2/5

投稿日:2018-02-05 更新日:

冬の暖かさ

2018年2月5日
万物情報館
素人三面コラム

◇今週、都心ではまた雪。案の定、交通機関のダイヤは乱れる。遅延を伝える車内放送に合わせて舌打ちやため息が聞こえてくる。都心の今季の寒さは人々を疲弊させた。

◇「雪と汗のひとかき運動」。富山県では2004年度から、横断歩道やバス停に除雪用スコップを設置。信号やバスを待つ隙間時間での「ひとかき」が皆の安全に繋がる。
「思いやりの雪すかし運動」。金沢市でも、除雪用スコップを市中心部のバス停に設置した。雪に不慣れな県外からの観光客のために2004年度から地域住民に除雪の協力を求める。
「みどりのスコップひとかき運動」。「み」んなの「ど」うろを「り」ようしやすく。福井県でも2005年度からこの運動が始まり、今期は142本のみどりのスコップが各地に設置された。
古くは1988年から新潟市で始まったこの思いやりのスコップ運動。天が与えた冷たく白い結晶は、地域住民の「暖かさ」を生むこととなった。

129日、ロッテから「雪見だいふく 安納芋の大学芋」が発売された。早速買って帰るが、冷凍庫に眠っていた前作「雪見だいふく クリーミーもちシュー」を先に食すことに。幸い、その時は家に一人。3人暮らしの我が家にとって雪見だいふくの分け合いは死活問題のため、かねてよりこの時を狙っていた。しかし天は何を見透かしたか、そこには3本のフォークが入っていた。背後や左右を確認し、そっと冷凍庫にしまう。大手メーカにしては珍しい「欠陥」かもしれないが、その3本のピンクのフォークは一人占めを未遂に終わらせ、我が家に思いやりと温かさを生んだ。



<スポンサーリンク>


コラムコンセプト
注目度の高いニュースに識者の考えを乗せて毎日届けてくれる新聞の一面コラム。この上ない情報源だと強く思う。私は毎朝欠かさず地方紙も含む数十の新聞社のそれを読むことにしている。
しかし、たまに思う。あまりの識者っぷりに、少し疲れてしまうよと。
北朝鮮がミサイル発射。-やれ、首相は何してんだ。
極悪な事件があった。-やれ、世も末だな。

月曜日の朝の通勤電車では特に、正論すぎるブラックユーモアに感心しつつも少し滅入るときがある。
だから私はどん底の月曜日の朝、底抜けに明るいニュース、あるいは一般人により身近な出来事を、識者の考えではなく素人の想いを乗せてゆるーく発信していく。
批判ばかりの世の中で、すごいことをただすごいと手放しで賞賛したい。目まぐるしい情報戦争の中で、ちょっとばかし息も抜きたい。世界のどこかの小さな幸せを、少しでも多くの方に拡散したい。
そんな想いだけで、一般人が、人知れず。

素人三面コラム。

毎週月曜日朝7時配信。たまに臨時配信も!世界中にたった一人でも楽しみにしてくれる人がいてくれたらと願いながら。

素人三面コラム過去記事

万物情報館

-未分類

Copyright© ReRelish , 2020 All Rights Reserved.