[名言・格言集]ガートルード・スタイン(著作家、詩人、美術収集家)

投稿日:

はじめに

当ページは、古今東西のあらゆる偉人たちの名言・格言を集約しております。

真の名言に解説など不要。私個人の意見などなおさらだと思っている。かと言って、一つの言葉だけでは発言者の真意を汲み取るのは難しい。

そこで、紹介する名言の「順番」に私の思いを込めてみた。

発言者の信念、それを実現するための方法論・哲学、過程の努力、その結果で得た誇り、新たな野望、独特な人生観、未来に託す希望・・・

そんなストーリーを想像しながら、人物像を掴み、生きたメッセージとして受け取る。素敵な言葉たちを、よく噛んでよく味わって、心の栄養として蓄える。

ここを、そんな場所にしてまいります。

著作家、詩人、美術収集家
ガートルード・スタイン

基本プロフィール

生年月日:1874年2月3日
死没:1946年7月27日

ざっくり人物紹介

美術収集家として知られるスタイン兄妹の一人。10代で両親を亡くし、人生の大半を兄マイケルの投資から生まれる利益によって暮らした。1930年代中頃に『アリス・B・トクラスの自叙伝』で成功した後は、その印税で裕福に暮らすようになった。

画家や詩人たちが集まるサロンをパリに開き、そこに集う芸術家たちとの交流の中で、現代芸術および現代文学の発展のきっかけを作ったとも言われている。

同性愛について書いた最も初期の作家でもある。

 

-ガートルード・スタイン-
名言・格言集

答えはない。答えは存在したことがない。答えはこれからも存在しない。それが答えだ。


 

慎重すぎると、慎重に構えることに気を取られるがあまりに、何かに躓いてしまうのは確実である。


 

起こってほしい奇跡を毎日書き出してみなさい。それは本当にやってくることになります。


 

恋をすること。これが全てです。


 

私は人と親しくなるのが好きです。親しくなっても私は人をみくびりません。いっそう親しくなるだけです。


 

私は金持ちになりたいとは思うが、金持ちになるためにやることをしようとは思わない。


 

幸せはお金じゃ買えないといった人はどこで買えるか知らなかっただけさ。


 

私たちはみんな、死を恐れ、宇宙での存在意義に疑問を持つ。芸術家の仕事は、絶望に屈服するのではなく、存在の虚しさへの解毒剤を見つけることなのよ。

<スポンサーリンク>


名言集へ戻る→

-Word

Copyright© ReRelish , 2020 All Rights Reserved.