[名言・格言集]ジョージ・ゴードン・バイロン(詩人、政治家)

投稿日:

はじめに

当ページは、古今東西のあらゆる偉人たちの名言・格言を集約しております。

真の名言に解説など不要。私個人の意見などなおさらだと思っている。かと言って、一つの言葉だけでは発言者の真意を汲み取るのは難しい。

そこで、紹介する名言の「順番」に私の思いを込めてみた。

発言者の信念、それを実現するための方法論・哲学、過程の努力、その結果で得た誇り、新たな野望、独特な人生観、未来に託す希望・・・

そんなストーリーを想像しながら、人物像を掴み、生きたメッセージとして受け取る。素敵な言葉たちを、よく噛んでよく味わって、心の栄養として蓄える。

ここを、そんな場所にしてまいります。

-詩人、政治家-
ジョージ・ゴードン・バイロン

基本プロフィール

生年月日:1788年1月22日
死没:1824年4月19日

ざっくり人物紹介

ポルトガルからギリシアへの旅を扱った長詩『チャイルド・ハロルドの巡礼』で名声を獲得。数々の詩集も出版した。

ロマン派の代表作家。

-ジョージ・ゴードン・バイロン-
名言・格言集

推考しないものは偏屈者、推考できないものは愚か者、推考する勇気を持たぬものは奴隷である。

 

知恵は悲しみである。最も多く知る者は、最も深く嘆かねばならない。知恵の樹は生命の樹ではない。

 

私の中にはふるい落とすこののできない無宗教的なものがある。私は何も否定しないが、すべてを疑う。

 

嘘とは何か。それは変装した真実にすぎない。

 

最良の未来の予言者は過去なり。

 

古きよき時代― すべての歳月は古くなるとよくなる。

 

後悔も憧れもともに甲斐なければ、私が望むのは忘却のみ。

 

言葉は物質。一滴のインクが露のごとく、思考の上に落ちて、何千もの、何百万もの人を考えさせる。

 

偉大な詩人はどの国にも属さず。その作品は公共財産であり、その手記は公共の遺産である。

 

逆境は真実ヘの第一歩。

 

大義のために死ぬ者に失敗はありえない。

 

笑えるときは常に笑え。金のかからない薬だ。

 

人間よ、汝、微笑みと涙との間の振り子よ。

 

女は初恋では恋人に恋するが、次からは恋に恋する。

 

男の恋は生涯の一部だが、女の恋は全生涯だ。

 

友情は愛に成長するかもしれない。だが愛が友情に落ち着くことは決してない。

 

哀れな犬、人生で最も揺るぎない友。誰よりも先に迎えに出て、誰よりも先に私を守る。

 

友情とは翼のないキューピットである。

 

事実は小説よりも奇なり。

 

道なき森には楽しみがある
さびしい海辺には歓喜がある
何人にも煩わされぬ
深い海のほとりには慰めがある
そして、ごうごうと鳴る波には音楽がある
人を愛さぬわけではないが
私は人より自然を愛する


<スポンサーリンク>

-Word

Copyright© ReRelish , 2020 All Rights Reserved.